スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラネタ(センサーと画質)

DSC_0285.jpg

さて、買っては売ってを繰り返してきたウチのカメラもだいぶ落ち着いて、気付けばちょうど小中大それぞれのセンサー(撮像素子)を持ったカメラが揃っていたので、ここで3台のカメラを撮り比べてみました。

写真左から紹介すると
・FUJIFILM X-M1(APS-C)1630万画素‐撮影レンズXF23mmf1.4 ミラーレス
・SONY RX100M2(1型)2020万画素 高性能コンデジ
・Panasonic TZ20(1/2.33型)1410万画素 一般的なコンデジ
※カッコ内がセンサーサイズ

どれも見た目の大きさはほとんど変わりませんね。でもセンサーサイズがかなり違います。
センサーって何ぞやって方はコチラに分かりやすくまとめてありました。
よく「画素数が多いほど画質は良くなる」と言います。確かにそうなんですが、それ以上に画質に影響するのがセンサーです。
なぜそうなるかはそもそも画素とはセンサーとはという難しい話になるのでここではそういうことにしておくとして、とりあえず1000万画素のフルサイズカメラと3000万画素のスマホカメラで撮り比べたら調べるまでもなく前者の圧勝でしょう。
実際この中で最も画質が良かったのはRX100M2ではなくX-M1です。まぁ、性能の高いレンズ付けてたってアドバンテージもかなり大きいと思いますが…そちらはまた機会がありましたら。


話が逸れましたね。本題。
おなじみ鷲宮神社まで三脚とカメラをせっせこ持って行って2つのシーンで検証してみました。

シーン1

まずは日中の屋外で解像度(写真のキレイさ)をチェックです。
それぞれのカメラの設定を同じにして撮影、写真を縦に並べてみます。

比較屋外
それぞれ絞り優先AE、換算約35mm、f5.6、ISOはM1常用最低感度の200で統一して撮影。
その他露出補正・WBなどの設定はデフォルト、TZとRXは三脚使用のため手ブレ補正OFF。
↑分かる人向け

なんだ、全然差なんてないじゃんと思うでしょう。自分もそう思います。
しかしこれはあくまで画面サイズで見比べた場合の話です。中心を100%(等倍)に拡大してみましょう。

比較屋外中央

明らかに下2台の方がキレイに写っているのが分かります。
2台の差については細かい話ですが、よく見るとM1の方がわずかに「手洗い」の文字がくっきりしていて、灯篭の十字などの線も細くシャープに見えますね。しかしほぼ同等と見ていいでしょう。

なお、この等倍での解像度の差がはっきり形に出るのがA4以上の大きなサイズで出力した時なんですが、じゃあお前普段そういうつもりで写真撮ってるの?と言われると…はい、完全に自己満足です(爆)
ただ、確かにこういう日中の明るい場面しか撮らないならそうなっちゃいますが、大型センサーカメラの本領発揮はここからですよ。

比較屋外周辺

ちなみに同じ写真の左上の方を等倍にして比べてみたのがこちら。
サムネの時点でM1の圧勝が見て取れます。ただしこれはセンサーよりもレンズの力によるものが大きいでしょうね。いいレンズはカメラの性能を大きく引き上げます。今回はこれ以上ないレベルのレンズを付けているのでこの結果ですが、もし廉価なものであれば恐らくここまでにはならなかったでしょう。


シーン2

話を戻しましょう。
検証シーン2、神楽殿の光が当たらない薄暗い場所で高感度の性能をチェックします。

感度(ISO~)と画質、シャッタースピードの関係について?という方はコチラですかね。
要するにISO100→200→400…と数字を増やして感度を上げる(少ない光でも拾える)とどんどんシャッタースピードが速くなっていって手ブレや被写体ブレ(電車など被写体が動いている時に、その被写体だけが動きによってブレてしまうこと)しにくくなるけど、その分ノイズが増えて画質が落ちていきますよ、ということです。
ここまで説明すれば察しがつくかもしれませんが、そう、センサーが大きいほど感度を上げてもノイズが出にくく、画質を大きく損なうことなくシャッタースピードを上げて撮影できるというわけですね。

旅先でキレイな夜景を撮ったつもりがあとで見たらノイズだらけとか、どう頑張っても手ブレしてまともに撮れず悔しい思いをしたことはありませんか?
自分がこういったカメラに興味を持ったのは4年前の上海万博でまさにそうなったからです←

比較1600
ISO以外は屋外と同設定。以降も同じ。

まず、TZの限界値であるISO1600まで感度を上げてそれぞれ撮影してみました。
なお、各カメラの基本感度範囲に関してはこのようになっています。

TZ20   →ISO100~1600
RX100M2 →ISO160~12800
X-M1   →ISO200~6400
※実際にはTZとM1はもっと感度が上げられますが、オススメはしない拡張という範囲の数値になるのでここでは無視します。

TZは限界感度だけあってこのサイズでもはっきりノイズが乗っているのが分かりますが、下2台はまだまだ余裕といった感じですね。

比較1600中央

中央を拡大したのがこちら。
TZはもうボロボロでRXもさすがに少し苦しそうですが、M1はなお涼しい顔してます。さすが。

比較6400

比較6400中央

RXとM1をISO6400まで上げてみましたが、これでもTZよりノイズは少ないです。
今回これ以上は検証していませんが、例えばTZのISO1600と同程度までノイズが許せるとしたら恐らくRXでISO12800、M1なら拡張のISO25600まで感度を上げられそうです。ISOが倍になるとシャッタースピードも倍になるので、同じノイズ量でRXはTZの8倍、M1は16倍の速さのシャッターが切れるわけですね。

更に両者には大きなレンズが付いていて、「絞り」という人間の目でいう瞳孔をTZより大きく開けることができます。当然開けば開くほど少ない光でOK→シャッタースピードが速くなり、その差はだいたいRXで約4倍、M1(XF23mmf1.4)で約8倍くらいのようです。(絞りに関してもその気があれば改めて書きます)
つまりこれらをまとめると、TZの高感度と同じノイズ量(画質)の写真を撮るのにRXは8×4=約30倍、M1に至っては16×8=約120倍もの速さでシャッターが切れるということに。ここまでくれば手ブレ何それおいしーの状態です。

もちろんこの数字は日記を書きながら思いついてかなり適当にはじき出したもので全くあてになりませんので絶対に鵜呑みにしないでください(苦笑)
ただ、センサーサイズが大きいほど夜間や室内など光が少ないシーンでもより速いシャッターと少ないノイズで撮影することができるため、撮影の幅が広がるのは間違いないです。
そう偉そうに言ってる自分が大してその恩恵を生かした写真を撮ってないのはさておいて…


RX高感度比較

RX高感度比較拡大

M1高感度比較

M1高感度比較拡大

もういい加減書き疲れてきたので最後にRXとM1の感度別比較とまとめだけ書いて終わりにします。
どちらも拡大すると少しずつ画質が落ちているのが分かりますが、やはりM1の方が落ち方は緩やかでした。



【まとめ】
・画質を求めるなら画素数ではなくセンサーサイズを見ろ
・センサーサイズが大きいほど感度を上げてもノイズが出にくく、夜景や室内でも速いシャッターでキレイな写真が撮れる
スポンサーサイト

カメラネタ



P1070015.jpg

一昨年の12月に突然ニコンのD600を買って早1年と3ヶ月。
あれから色々あれじゃないこれじゃないと買っては試し売っては悩みを繰り返してる感じですが、とりあえず今の装備をご紹介。

【カメラ】写真1・前列左より
・FUJIFILM X-M1(メイン)
・SONY RX100M2(サブ)
・ROLLEIFLEX ベビーローライ タイプ1

【レンズ】同・後列左より
・FUJIFILM XF56mmf1.2R
・FUJIFILM XF35mmf1.4R
・FUJIFILM XF23mmf1.4R
・FUJIFILM XF14mmf2.8R

一眼レフはシステムとして大きいわ重いわで、あれを普段から持ち歩くのはホントに撮ることに強い目的意識を持ってないとキツイなと、D600とD200を使ってて痛感しました…。
自分のように「とりあえず持っていって何か撮れたらいいな」でも「どうせ残すならできる限りいい写真にしたいな」っていうクオリティ重視まったり勢(?)は結局こんな軽量小型のミラーレスに落ち着くんですかね(^^;

とはいえやっぱりレンズ交換式は交換してナンボというか、すっかり単焦点にハマってしまいましたw
毎回持ち出すたびに2本選んでいくのですが、一切ズームが出来ない分あとは自分の足で調節しろっていう不便さが逆に楽しいですねー。
しかし不便は不便なので、そのレンズ交換の手間やズーム不可の部分を補うサブとして、便利かつ高性能なコンデジ。

それとカメラ好きとして1つは持っておきたいフイルムカメラ。
先日桜の舞う鷲宮神社と幸手の権現堂を6枚ほど撮ってきましたが(写真2)、これはこれですごく味のある写真になりました。
このカメラで鷲宮の風景を撮りためてみるのもいいかもしれませんね。
まぁ、このたった6枚の写真をプリントアウトするのにフイルム代込みで合計3000円かかりましたけど…(遠い目)
もともとこのカメラに対応するフイルム自体がレアで高価なので(^^;


今回は近況報告程度なのでそれぞれのカメラについて深く掘り下げはしませんでしたが、気が向いたらそっちも書きます(←当てにならない)

2013.07.01

7月1日
参拝しに行こうと思ったら自宅から駅に向かう途中で自転車が壊れた。
いや、正確にはだいぶ前からガタが来てたのを無理して使ってたんだけど、電車の時間がギリギリだったので全力で漕いでたらバキッ!とか嫌な音がペダルの辺りから聞こえましてね…
まぁ自業自得とかいうやつだよねこれ。

で自転車屋まで持っていって確認したらペダル周りの色んなパーツが壊れてたり壊れかかったりな上、ベルトもかなり擦れてて「よくこれで乗ってたね…」とか言われた。うん、自分もそう思う。
とりあえずこの際全部とっかえてくれと頼んで1週間入院させることにした。パーツ入荷までは修理のしようがないので持ち帰りも出来たけどこんな状態の自転車乗りたくないわw




結局絵馬描き損ねたのでこの隙に近況報告しておく。

DSC_0763.jpg

D600とレンズとP7100売ってフジのX20買った。
一眼生活半年で約10000ショット。自分にしてはだいぶ頑張ったほうじゃないだろうか。
でももういいわ。やはり自分に一眼は色んな意味で重すぎるのは分かった。元のコンデジユーザーに戻る。
ただしこの期間に培った知識や経験は残るので、ちゃんとそれは生かしながら。

…とはいえ、写真そのもののモチベは下がるどころか使うほどに緩やかに上がってる感じだし、それなりに分かってる人が使うクラスのカメラとはいえ、最新のコンデジひとつではなんかこうカッコ悪いというか締まりがないので、もうひとつ酔狂で買ったものがある。というか、正直とっくに一眼には見切りつけてたんだけど、こういうのが見つかるまで待っていた。


DSCF0119.jpg

それがこのいわゆるクラシックカメラ。その中でもひときわ目立つ二眼レフにして非常にかわいらしく収まっている4×4フォーマットのローライフレックス、通称『ベビーローライ』だ。しかもその中でも最初期の1931年に制作されたタイプ1。

DSCF0120.jpg

一見バカでかそうに見えるが、これでも手の平サイズで500gと超コンパクト。かわいい。
値段もそう高いものではなく、相場はだいたい2~3万円。下手に価値があると飽きた瞬間売ってしまうのが自分なので、これくらいなら換金するより持ってる方を選ぶだろう。値段の割にはあまり見ないし。

DSCF0126.jpg

クラカメに興味を持った時に、なら二眼、ならローライと決めてあったが、特に1930年代前半のものしか使われていないこのロゴが凄い気に入っていた。なんかもう見るからに古いって感じ。
シリアルナンバーは133996。資料によるとベビーローライはタイプ1~3で127000~523000の約40万台?製造されたようなので、もしかしたらタイプ1の中でも古い方になるのかもしれない。

DSCF0130.jpg

ざっと使い方を。
①シャッタースピードダイヤル。上の矢印に合った数字がシャッタースピードになる。
②絞りダイヤル。こちらは針を合わせたい絞りに合わせる。
③シャッターレリーズレバー。上に持ち上げてシャッターをチャージし、下に下げてシャッターを切る。
もちろん今のカメラのようにオートなんて便利な機能どころか露出計すら付いてないので、自分でシーンに応じて適正露出(絞りとシャッタースピードの組み合わせ)を弾き出さなければならない。

DSCF0132.jpg

話が前後するがシャッターを切る以前にフィルムをセットする。
④にフィルム、⑤にスプールという巻き取り用の棒をセットして、フィルムを伸ばしてスプールに先端を噛ませる。
ここで2点ほど注意。

・そもそも4×4(127フィルム、通称ベスト判)のフィルムは国内ではすでに製造をしておらず、海外からの取り寄せになるためなかなか入手が難しい。まずそんじょそこらの量販店では取り扱いなどなく、一部のクラカメ専門店か個人輸入店でないと買えない。ついでに現像も同様。
フィルムもあり現像も出来るお店として恵比寿の大沢カメラさんがあるが、先日ラス1のモノクロ入手して昨日銀座で試し撮りした後現像頼みに行ったら、今度はモノクロとカラーポジが10本ずつくらいあった。頑張りすぎですw

・巻き取りのスプールは金属製か、プラスチックスプールをそれ用に加工したものでないと途中で巻き取りがキツくなり、無理に巻き取ろうとすると壊れる。そのようなスプール、特に金属製のものはフィルム以上に希少なので大切にすること。なお、スプールはそのまま現像に出すと帰ってこないので、必ず『スプール返却希望』でお願いする。
コイツには幸いにも金属スプールが付いていた。純正レンズキャップもあるし、これでちゃんと写ってれば意外と良い買い物だったかも?

DSCF0134.jpg

DSCF0136.jpg

話を戻す。
フィルムを噛ませ、⑥の巻き上げクランクを回して軽く巻いたら裏蓋を締める。⑦の赤窓に『1』が見えるまでクランクを回し、⑧のボタンを押すと⑨のフィルムカウンターが1にリセットされる。以降1枚撮影するごとにクランクを半回転させるとカウンターが1ずつ増えていき、12で撮影したらフィルム終了。クランクを抵抗がなくなるまで回せば巻き上げが完了し、フィルムが取り出せる。

DSCF0142.jpg

DSCF0138.jpg

そういえば肝心のファインダーだが、これが面白いことに上から覗くのだ。個人的には撮影時に人に顔を向けないのが嬉しい仕様だと思う。これなら撮る方も撮られる方もあまりお互いを意識しなくて済むよね。
ただしファインダー像は左右逆に見える。(某グルグルの魔法陣なマンガ風に)
ちなみに⑫はピント確認用のルーペ。⑩がフォーカスリングになっているので、ファインダーを覗きながらこれを回してピントを合わせる。順番が滅茶苦茶になってしまったが、使い方はだいたいこんな感じで合ってる…はず。

DSCF0145.jpg

スプールの問題があるため一度に12枚以上は撮れないが、だからこそここぞという時に使えばそれだけで思い出になるだろう。コイツの写真でピントが外れたとか写りがどうこうなんて言うのはナンセンスかなと思う。(もちろんちゃんと使いこなせるに越したことはないが)
とはいえそもそもちゃんと写るのかどうかが怪しいので、先述の通りまずはチェックのため適当に撮って今は現像待ちの状態だ。仮にオーバーホールが必要なレベルだったとしても、恐らく買った値段の倍近くは取られるだろうからそれは厳しい。そうなったら諦めてしばらくは首からぶら下げるだけにしておこう。


ちなみに余談だが、このローライをぶら下げて上野のアカサカカメラさんに行ったら見るや否や『あ、それ純正ケース(上の写真左)あるけどどう?』と持ってきてくれた。ネットで探しても一切見つからず完全に諦めてたので迷うことなくその場で買ったのだが、やはり自分の足でお店に行くとこういう予期しないことがあるよね。良くも悪くも…(家計簿をつけながら)
プロフィール

もてぎ

Author:もてぎ
【鷲宮神社絵馬奉納】
2008・1・1~ 2014・04・29現在 絵馬192枚
目指すは千拝、千羽鶴ならぬ千枚絵馬。

☆010拝目:2008.03.05
☆020拝目:2008.05.03
☆030拝目:2008.06.16
☆040拝目:2008.09.04
★050拝目:2008.10.19
☆060拝目:2008.12.31
☆070拝目:2009.03.09
☆080拝目:2009.05.24
☆090拝目:2009.09.28
★100拝目:2009.12.31
☆110拝目:2010.04.29
☆120拝目:2010.10.24
☆130拝目:2011.04.21
☆140拝目:2011.10.19
★150拝目:2012.03.11
☆160拝目:2012.10.02
☆170拝目:2013.04.10
☆180拝目:2013.08.09
☆190拝目:2014.03.02

【太鼓の達人】
CS:2003.12.26~
AC:2004.05~
妹がやってみたいとクリスマスプレゼントに家庭用を買ってきてもらったのに、横から割り込んだ自分が逆にハマってしまったのがきっかけ。
AC6~7あたりが全盛期で一応元ランカー。

【カメラ】
2012.12.14~
ガチでやってるわけではなく、気が向いた時にちょろっと撮る程度。風景が主な被写体。
オールドカメラとして戦前のベビーローライ(最初期タイプ)も持ってる。

【リンクについて】
当ブログはリンクフリーです。
勝手に貼っちゃって構いませんが、コメントででも貼った旨を御一報頂けると嬉しいです。

もてぎの鷲宮神社参拝記。
http://motegionityan.blog72.fc2.com/

QRコード
QRコード
カウンタ

※2010年11月10日より集計
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。