スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修と買い物

5月27日
DSC_0742.jpg
研修のため高崎へ。伊勢崎駅の東武線高架ホーム工事が着々と進んでいた。
いつかはここも太田駅みたいな感じになるのか。

DSC_0744.jpg
しかし一日中机に座って話を聞くってホントキツいな…。動き回るよりよっぽど疲れるぞこれ。
学生時代よくこんな生活を続けられたもんだ。

DSC_0745.jpg
あー疲れた。
さて帰

DSC_0746_20130528075549.jpg DSC_0747_20130528075550.jpg
ら な い 。
湘南新宿ラインで2時間電車に揺られて新宿へ。
座り疲れてたしまだ明るかったので景色を眺めたくてずっと立ってたら今度は立ち疲れた。
終電までそんなに時間もないので速攻で買い物して帰る。

本日の電車メモ
0800木崎→0820伊勢崎
0830伊勢崎→0900高崎(両毛線)
1710高崎→1900新宿(湘南新宿ライン)
2010新宿→2030赤羽(埼京線)
2045赤羽→2125久喜(東北本線)
2130久喜→2155館林
2220館林→2250太田
2250太田→2300木崎

ぐるっと一周したな。

--------------------------------------------------------------

DSC_0769.jpg DSC_0772.jpg
さて、新宿までわざわざ何しに行ったのかというと、新レンズAF-S NIKKOR 35mm f1.4G買いました。24-70mmf2.8G(以下2470)の買取と引き換えに。いわゆる下取り。
2470と比べるとレンズ長が約5cm短く、重さも300g少なくなってかわいらしくはなったものの、その性能はズームレンズの中では最高級であるそれを更に一回り上回る、まさにニコンが誇る最高峰レンズのひとつだ。
理由については諸々あるが…

①2470において、ほぼ24mmか70mmしか使ってない。
②被写体への距離が足りない時に70mmを使うが、それでも短すぎることがほとんど。
③接写的な撮影の際にも70mmを使うことがあるが撮影のメインではないし、今は接写モードのあるCOOLPIX Aがあるため代用可能。
④COOLPIX A(28mm単焦点)で不便に感じるどころか、足を使って距離を調節するのが逆に楽しい。
⑤COOLPIX Aを使っていてもっと広く撮りたいと思ったことはあまりないが、もっと寄って撮りたいと思ったことは多い。

主にこのあたりを数ヶ月間2470やCOOLPIX Aを使っていて感じたため。
①→ズームの必要性がない
②③→主な被写体は風景のため、そもそも望遠が不要
④→単焦点の方が性格的に向いている
⑤→28mm以上で風景撮影に適した焦点距離は35mm。それ以上では寄りすぎてしまい難しい。

なら35mmf1.4Gしかないだろという。
24mmf1.4Gは?という疑問があるかもしれないが、⑤との兼ね合いも考慮してより汎用性の高い35mmを選択した。
もちろん2470の描写が不満だったわけではない。が、一眼、それもフルサイズの醍醐味はこういった圧倒的な開放f値の大口径単焦点が持つ綺麗で味のあるボケだとか、各メーカーが技術の粋を結集した最高ランクの描写を最大限に引き出せることだ、1本は絶対持つべきだと様々なカメラ関連サイトや知り合いが口を揃えて言うものだから、結局その誘惑に負けただけの話である。
しかしそもそも自分がフルサイズ一眼に手を出したのもそれが目的だったわけだから、利便性よりは性能を重視するという、これは自然な流れだ。そうはいってもいきなり単焦点はリスクが高すぎるので、自分の写真スタイルを見極めるために標準ズームを使っていただけのこと。

いつでも何でも撮れるというのは逆にどうしていいか分からなくなって、つまらない写真になることが多い。縛られた条件の中で出会い、撮ることの出来た写真にこそ本当の感動があるんじゃないかなと思う。かといってさすがにフィルムカメラまで買う気にはなれないが、このD600+35mmf1.4Gでも充分その感動を大きくすることは出来るはずだ。
これが終着点なのかは分からないが、しばらくはこのレンズと一緒に歩いていこう。
スポンサーサイト

鷲宮神社175拝目

5月22日
DSC_0721_20130522225807.jpg
鷲宮神社絵馬奉納日。
今回写真的には描いてるところしかないのでさくっと。

DSC_0730.jpg DSC_0733.jpg
暑い。日差しもキツイので帽子装備。

DSC_0746.jpg
この辺が一番眠かった。清書中はちょっと誤爆するだけで大惨事になるからマジ勘弁してくれ…
軽く体を動かしながらキリのいいところまで進めてお昼休憩。

DSC_0747.jpg DSC_0751.jpg
一応予備ペン持ってきたけど結局1本で仕上げた。
ひなちゃんちは農家。この時期は彼女も手伝う。
制作時間は約6時間だった。

DSC_0753.jpg
奉納。
どうでもいいけど絵馬の下絵は177枚目まで完成、178枚目があとちょっと。
来月中に8月分まで描き貯められたら少し休んでさくらみや進めるのもアリかな。


-------------------------------------------------------------


DSC_0741.jpg
千貫神輿前で一息入れてた時に隣を見たら虫が死んでいた。
…いや、足がまだ1本、わずかに動いている。

何のためにあがくのだろうか。
そうしたところで寿命が延びるわけでもない。むしろ縮むはずだ。

薄れゆく青空を仰ぎながら、この小さな命は何を思っているのだろうか。
同じように上を向いて、少しずつ目を閉じていく。

死にたくない。もっと生きたい。
そんな声が聞こえた気がした。


数分後。その足は動かなくなっていた。

命果て

DSC_0678.jpg 
『写真はその人の心を写す』と言うが、なるほどその通りだなと思う。


5月20日
鷲宮へ。しかしあいにくの霧雨。
まだ思いっきり降ってくれた方がマシだった。
風で雨が霧のように舞い、傘が役に立たず、ロクにカメラが出せない。
今日はもう絵馬の下絵に集中しよう。一応濡れないようにカメラを持ちつつも足早に町を歩き出す。
最近の悩み事と相まって自然と視線は足元へ向いていく。

…こんな日だからか?
その命の役目を終えて息絶えたものに、自然と惹かれた。
これは死んでどれくらい経つんだろう。もしこれに家族や友達がいたなら、そいつらはこれの死を知っているんだろうか。


「あー、アイツ死んでたんか」


自分も結局人知れずどこかで力尽きて、後で見つかって「ふーん」で終わってしまう程度の存在なんだろうか。
……でもそれは他の誰のせいでもない。その程度の事しか出来なかった自分が悪いってだけだ。

だけど、それでもこうしてこの天気と気持ちに導かれて足を止めてしまった。
だからせめてお前だけは「ふーん」で終わらせはしない。
納得のいくまでシャッターを切り続けた。

バックパック購入

5月16日
DSC_0591.jpg DSC_0592.jpg
取り寄せでアサカメ3月号を入手。なんでわざわざってーと愛機D600の診断室があって、その性能や仕様が事細かに書いてあるから。ついでに言うとレンズ頂上対決なら絶対24-70f2.8Gあるだろって思った。
まだ読みきれてないが、急ぎじゃないし電車内で少しずつ消化しとく。

5月17日
DSC_0597.jpg
鷲宮へ。駅でふと見たらコイツ、いつだったか羽生駅の近くに止まってたのを鉄ちゃんがめっちゃ集まってて撮影してたヤツじゃん。そういえば知り合いがその時野田線の新型って言ってたな。

DSC_0600.jpg
神社。以前切られた木が根元からなくなってた。
なんか寂しいな…

DSC_0602.jpg
DSC_0604.jpg DSC_0605.jpg DSC_0612.jpg
平日ではあったが、結構人がいた。写生会と思しき方々も。
相変わらず寄れないので遠くからこっそり。

DSC_0606.jpg
しかしなんだ。やっぱりショルダーバッグだと片方の肩だけに負担かかってすぐキツくなるし、かといって手で持ったり腕に掛けたりしてると片手封じられていざって時にめっちゃ邪魔になる。
座ったり変な体勢で撮る時にはいちいち下ろさなきゃいけないのもめんどい。無駄に汚れるし。
…まぁどうせ来月には買うつもりの物もあったし、行ってみるか。

DSC_0613.jpg
アキバへ。さくっと済ませて鷲宮へ戻る。

DSC_0614.jpg
500GBHDD×2。写真データ保存用。
PCと保存用USBの容量がそろそろいっぱいになるので、これは早めに欲しかった。

DSC_0619.jpg
バックパック。ロープロのファストパック350。
レインカバーはないようだが、全体的に使いやすそうだったのでこれにした。

DSC_0622.jpg
背面。胸の辺りと腰に固定バックルあり。これなら肩にかかる負担を分散できる。

DSC_0626.jpg
天面はカメラスペースの下部とは隔離されていて、充分な容量がある。
カメラ周り以外のものを入れるにはちょうど良さそうだ。

DSC_0628.jpg
腹面は上下に1つずつ小さな収納スペースがある。天面は取り出しやすくするために大きな物中心にして、こっちは細々した物でも入れておくか。

DSC_0633.jpg
サイドにはノパソ収納部。ここが地味に重要で、これがないと絵馬下絵用のスケッチブックや紙物が入らず個人的には致命的。絶対に欲しい部分。

DSC_0636.jpg 
メインのカメラスペース。仕切りを外せばレンズ付けたまま入れられそうだ。

DSC_0645.jpg
ついでに『ツルカメ』という、バックパックタイプのバッグに装着してカメラストラップを写真中央のフックに引っ掛け、首の負担を減らすアクセサリーを見かけたので店頭でちょっと試してみたらこれが凄まじく楽だったので勢いで買ってしまった。とはいえバッグ本体共々、実際に使って撮影に歩くまでには至らなかったので、その辺は次の休みにチェックするとしよう。
今日は結局買い物だけで終わってしまった…

鷲宮神社奉納絵馬まとめてみた

ema1.jpg ema2.jpg
今まであっちこっちに分散してた絵馬写真を2時間くらいかけて今更ながらかき集めた。
PC・スマホ保存分、mixiフォト、ブログ、pixiv…
絶対1枚2枚データないヤツあるだろと思ったら意外にもちゃんとナンバリング分は全部揃って結構嬉しかった。

これでとりあえず全186枚。
とはいえナンバリング外であと数枚あったはずだし、ボツ分もあるからそれ含めるとジャスト200枚くらいは描いたんじゃないだろうか。絵馬で20万…(苦笑)

こうして見るとその時々にどういう気持ちだったかなんとなく思い出せるね。
途中で凄い適当になってる時期もあるけど、それもまた思い出。最後まで何の迷いもなく全力でいけるなんて最初から考えてなかったし、そういうのも含めての1000拝にしようと決めてたから。


あれから約5年半。目標まであと826枚。このペースで行けば残り25年程度か。
さて、頑張っていきまっしょい。
プロフィール

もてぎ

Author:もてぎ
【鷲宮神社絵馬奉納】
2008・1・1~ 2014・04・29現在 絵馬192枚
目指すは千拝、千羽鶴ならぬ千枚絵馬。

☆010拝目:2008.03.05
☆020拝目:2008.05.03
☆030拝目:2008.06.16
☆040拝目:2008.09.04
★050拝目:2008.10.19
☆060拝目:2008.12.31
☆070拝目:2009.03.09
☆080拝目:2009.05.24
☆090拝目:2009.09.28
★100拝目:2009.12.31
☆110拝目:2010.04.29
☆120拝目:2010.10.24
☆130拝目:2011.04.21
☆140拝目:2011.10.19
★150拝目:2012.03.11
☆160拝目:2012.10.02
☆170拝目:2013.04.10
☆180拝目:2013.08.09
☆190拝目:2014.03.02

【太鼓の達人】
CS:2003.12.26~
AC:2004.05~
妹がやってみたいとクリスマスプレゼントに家庭用を買ってきてもらったのに、横から割り込んだ自分が逆にハマってしまったのがきっかけ。
AC6~7あたりが全盛期で一応元ランカー。

【カメラ】
2012.12.14~
ガチでやってるわけではなく、気が向いた時にちょろっと撮る程度。風景が主な被写体。
オールドカメラとして戦前のベビーローライ(最初期タイプ)も持ってる。

【リンクについて】
当ブログはリンクフリーです。
勝手に貼っちゃって構いませんが、コメントででも貼った旨を御一報頂けると嬉しいです。

もてぎの鷲宮神社参拝記。
http://motegionityan.blog72.fc2.com/

QRコード
QRコード
カウンタ

※2010年11月10日より集計
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。