スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷲宮神社139拝目・土師祭

0139.jpg

当日の昼くらいまで若干調子悪そうにしてましたが、いざ祭りが始まってみるとどんどんテンションが上がっていき、終わった頃にはむしろいつも以上に体力が残ってましたw
例年は1区間でも担いでいたので、それを体調を考え遠慮したからなのかなと思います。つまりそれだけ神輿担ぎというのはエネルギーを使うってことなんでしょうね(^^;
ともあれ、一番大事な時間を皆さんと一緒に心から楽しめて良かったです!結局集会所泊まっちゃってるしw

ではでは、軽く3〜5日のおさらいといきましょう。祭りの様子については、探せば写真なり動画なり相当落ちてると思いますので、「土師祭」で色々検索してみて下さいな。


【3日】
台風による天候不良、また風邪による体調不良もあって予定を変更、家で休みながら絵馬をゆっくり制作。
なお、本来であれば始発で鷲宮、神社で絵馬を描いてあとはフリーの流れでした。

【4日(当日)】
0630…出発
0800…鷲宮着
0900…参拝、絵馬奉納
1000…スタッフ業務
1230…大酉茶屋の昼飯
1300…仮眠して午後の部に備える
1500…写真撮影
1630…スタッフ業務
1830…らき☆すた神輿運行、スタッフ業務
2030…神社前で神輿帰還を待機
2130…千貫神輿、らき☆すた神輿もみ合い
2200…フィナーレ、スタッフ業務
2230…集会所で一休み
2300…みんなでゴミ拾い
2400…就寝

【5日】
0430…起床、周りは死々累々
0600…神社参拝
0700…二度寝←
0800…むくり
0900…片付け開始
1000…集会所撤退
1100…また神社へ
1200…喫茶OBで巨大パフェ
1500…関根商店
1600…ダイエー
1700…ちゅーりっぷはっと
1900…記念日
2200…鷲宮離脱
2330…帰宅


【絵馬139枚目】
137の鷲宮八坂祭、138の幸手夏祭りと続いたお祭り三連作最後の1枚にして、初の土師祭用書き下ろし絵馬です。
意外なようですが、らき☆すた神輿が始まった08年から去年まで、なんだかんだで土師祭に奉納する絵馬のための絵って描いたことがなかったんですよね。自分でもびっくり←

それもあって、今回はかなり気合いを入れて描かせて頂きました。大まかすぎず細かすぎず、理想的なバランスで収まったかなと。
願い事は絵自体に表現しましたので書きませんでした。叶うといいな。




最後になりましたが、土師祭に関わった全ての方々へ…
お疲れ様でしたぁっ!!!!
今年もステキな思い出をありがとうございました!!!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もてぎ

Author:もてぎ
【鷲宮神社絵馬奉納】
2008・1・1~ 2014・04・29現在 絵馬192枚
目指すは千拝、千羽鶴ならぬ千枚絵馬。

☆010拝目:2008.03.05
☆020拝目:2008.05.03
☆030拝目:2008.06.16
☆040拝目:2008.09.04
★050拝目:2008.10.19
☆060拝目:2008.12.31
☆070拝目:2009.03.09
☆080拝目:2009.05.24
☆090拝目:2009.09.28
★100拝目:2009.12.31
☆110拝目:2010.04.29
☆120拝目:2010.10.24
☆130拝目:2011.04.21
☆140拝目:2011.10.19
★150拝目:2012.03.11
☆160拝目:2012.10.02
☆170拝目:2013.04.10
☆180拝目:2013.08.09
☆190拝目:2014.03.02

【太鼓の達人】
CS:2003.12.26~
AC:2004.05~
妹がやってみたいとクリスマスプレゼントに家庭用を買ってきてもらったのに、横から割り込んだ自分が逆にハマってしまったのがきっかけ。
AC6~7あたりが全盛期で一応元ランカー。

【カメラ】
2012.12.14~
ガチでやってるわけではなく、気が向いた時にちょろっと撮る程度。風景が主な被写体。
オールドカメラとして戦前のベビーローライ(最初期タイプ)も持ってる。

【リンクについて】
当ブログはリンクフリーです。
勝手に貼っちゃって構いませんが、コメントででも貼った旨を御一報頂けると嬉しいです。

もてぎの鷲宮神社参拝記。
http://motegionityan.blog72.fc2.com/

QRコード
QRコード
カウンタ

※2010年11月10日より集計
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。