スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷲宮神社178拝目



町おこしとは『そこに生きる人が自らそのためのコンテンツを生み出し、発信していくこと』だと考えている。
ゆえに母体を外部のコンテンツに頼るようなものは、たとえそれがどれだけ成功していても、自分の中では町おこしと定義していない。ただその人気に便乗した結果、一時的・擬似的にそう見えてるだけだ。

決してそういう手法を否定しているわけではないのだが、どう言葉を選んでもそういうニュアンスになってしまうのは語彙力の低さか。何にせよ気を悪くされたなら申し訳ない。
だが明確に当時からそう思っていた。少なくとも初めて土師祭にらき☆すた神輿が登場した頃には。
設定の後付けで偶然そうなっただけで、らき☆すたは鷲宮のために作られた作品じゃない。それが鷲宮におけるらき☆すたという外部コンテンツによる擬似的町おこしの『限界』だと。

時代は変わる。その流れでいつかはどんなに大きなものも終わりを迎える。
もちろんそのまま終わらせて別に何も悪いことはない。元ののどかな町に戻るだけだ。
でも自分は嫌だった。これほどまで人生を変えるきっかけを作ったものが、過去の事にされてしまうのが。

自分の考える本当の町おこし。そのために企画したのがこの『さくらみや』だった。
自分の足で町を歩き、隅々までネタにした物語を。
とはいえ、仮にうまくいったところでそれもまた長くて数年の命だろう。
しかし、その中でまた新たな種が芽吹くなら喜んで養分になろう。
永遠がないというなら、そうして次の世代にしっかりバトンを繋いでいくことが一番大事な使命だと思うから。




…くどい表現になるが、などと偉そうにのたまって、今この通りである。
が、それでもまだまだ人生何があるか分からないし、諦めるつもりは毛頭ない。
それに何より、コイツらの父親として普通に愛娘達の日常を想像するのが楽しいから。
だからそういった気持ちをこうして絵馬に描き続けている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

もてぎ

Author:もてぎ
【鷲宮神社絵馬奉納】
2008・1・1~ 2014・04・29現在 絵馬192枚
目指すは千拝、千羽鶴ならぬ千枚絵馬。

☆010拝目:2008.03.05
☆020拝目:2008.05.03
☆030拝目:2008.06.16
☆040拝目:2008.09.04
★050拝目:2008.10.19
☆060拝目:2008.12.31
☆070拝目:2009.03.09
☆080拝目:2009.05.24
☆090拝目:2009.09.28
★100拝目:2009.12.31
☆110拝目:2010.04.29
☆120拝目:2010.10.24
☆130拝目:2011.04.21
☆140拝目:2011.10.19
★150拝目:2012.03.11
☆160拝目:2012.10.02
☆170拝目:2013.04.10
☆180拝目:2013.08.09
☆190拝目:2014.03.02

【太鼓の達人】
CS:2003.12.26~
AC:2004.05~
妹がやってみたいとクリスマスプレゼントに家庭用を買ってきてもらったのに、横から割り込んだ自分が逆にハマってしまったのがきっかけ。
AC6~7あたりが全盛期で一応元ランカー。

【カメラ】
2012.12.14~
ガチでやってるわけではなく、気が向いた時にちょろっと撮る程度。風景が主な被写体。
オールドカメラとして戦前のベビーローライ(最初期タイプ)も持ってる。

【リンクについて】
当ブログはリンクフリーです。
勝手に貼っちゃって構いませんが、コメントででも貼った旨を御一報頂けると嬉しいです。

もてぎの鷲宮神社参拝記。
http://motegionityan.blog72.fc2.com/

QRコード
QRコード
カウンタ

※2010年11月10日より集計
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。